TOP >> ファンド一覧 >> ほうとくソーラー市民ファンド 詳細情報

ほうとくソーラー市民ファンド
ほうとくソーラー市民ファンド
ファンドの概要詳細情報対象事業のご紹介
ほうとくソーラー市民ファンドのご案内 お申込・ご契約の流れ 出資者への分配金について
リスクについて 手数料等出資者が負担する費用について Q&A
ご注意
本資料は、商法535条に規定する匿名組合契約の締結を目的として株式会社自然エネルギー市民ファンドが作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。お申込みの際には、重要事項説明書(契約締結前交付書面)の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。また、本匿名組合は元本及び利回りが保証されているものではありません。

ほうとくソーラー市民ファンドのご案内

ファンド名 ほうとくソーラー市民ファンド
営業者 ほうとくソーラー1株式会社
募集総額(上限額) 1億円
申込単位(1口金額) 100,000円 / 1口(1人上限50口)
募集口数 1000口
分配期間 8年間(2016〜2023)
契約期間 契約締結日〜2024年3月31日
目標利回り 2%
※目標利回りは、事業が計画通りに運営された場合の現金分配のうち元本返還を控除した利益分配に相当する額、1年複利の預金と見立てた場合、この利率にあたります。あくまでも事業計画上の目標であり、これを保証するものではありません。
申込手数料 3,000円/1口 ※ただし、9,000円を上限とする。
中途解約 できません
募集期間 2014年1月28日〜2014年8月31日
契約の承継 出資者死亡時における出資者たる地位の承継人を指定できる特約条項があります。(死因贈与)

お申込・ご契約の流れ

資料請求 こちらから資料をご請求ください。(資料請求受付は終了しました)

出資内容のご確認 弊社からお送りした同封物をご確認いただいたうえ、重要事項説明書をご一読ください。

書類へのご記入 匿名組合契約書(投資方針確認書および契約書)にご記入および希望される場合は記銘確認書にもご記入ください。

契約お申込手続き 本人確認資料を準備し、匿名組合契約書(投資方針確認書および契約書)、記銘確認書と共に返信用封筒に入れて、投函してください。

契約書の受領 弊社にて、お送りいただいた書類を確認した後、出資者様控えの匿名組合契約書を入金のご案内とともに返送いたします。

ご入金手続き 入金のご案内に記載されている弊社の指定口座に期日までにご入金ください。

手続き完了 弊社にてご入金確認後、入金確認および契約完了のおしらせ(通知書)をお送りいたします。

市民出資(寄付組込み型)の分配計画

出資者には、事業の収入から営業費用等を差し引いた現金分配原資をもとに、「出資元本の返還金」と「利益の分配金」という2種類のお金を合わせて、現金が分配されます。2017年より毎年一回6月末に現金分配が行われる計画です。

※4 上記の現金分配計画図は、本書作成日時点の事業計画と契約上の分配ルールに基づき作成したものであり、将来を保証するものではありません。
※当該年度分(たとえば2016年度分)の現金分配は翌年度6月に支払われます。
※詳しくは重要事項説明書でご確認下さい。

リスクについて

主な損失リスクは以下のとおりです。但し、全てのリスクを網羅しているわけではありません。
詳しくは、必ず重要事項説明書(契約締結前交付書面)をご覧ください。

対象エネルギー事業への投資および対象匿名組合への出資に関するリスク
本匿名組合は、営業者が実施する対象エネルギー事業への投資を行います。したがって、本匿名組合の営業者であるほうとくソーラー1株式会社の業務又は財産の状況の悪化を直接の原因として、企図した分配金を受領できないおそれ並びに出資の一部又は全部が回収できないおそれがあります。

営業者の倒産に関するリスク
本匿名組合にかかる財産の所有権はすべて営業者であるほうとくソーラー1株式会社に帰属し、匿名組合員たる出資者は、営業者が所有する財産に関して持分又は所有権その他のいかなる権利も有しておりません。すなわち、出資者は、他の一般債権者に優先するものではなく、営業者に対して、他の一般債権者と同等の債権を有しているにすぎません。よって、営業者であるほうとくソーラー1株式会社について、破産、民事再生等の法的倒産手続が開始した場合には、出資者は他の債権者と同等の地位において平等の割合による弁済を受けることになるため、企図した分配金を受領できないおそれ並びに出資者の一部又は全部が回収できないおそれがあります。

流動性リスク
本匿名組合への出資金は、払い込みを行った日から最終償還日まで中途での全部解約又は一部解約による払い戻しはできません。また、原則として、出資者たる地位を第三者に譲渡することはできません。

手数料等出資者が負担する費用について

本匿名組合契約の締結にあたっては、次に記載の費用を営業者にお支払いただきます。

A.申込手数料
一口につき3,000円、上限9,000円(いずれも税込)

B. 譲渡手数料
原則譲渡できませんが、やむを得ない事由により本匿名組合出資を譲渡する場合(かかる譲渡には営業者の承諾が必要となります。)、出資者は、5,000円(税別)を営業者に支払うものとします。また、振込手数料、郵送料等譲渡に係るその他の費用を別途営業者に支払うものとします。

C. 振込手数料
出資者による出資金の支払及び営業者による分配金の支払、及び譲渡金の支払時における振込手数料を出資者にご負担いただきます。

D. 違約金
出資金額及び申込手数料の振込みが本匿名組合契約締結の日から14日以内になされない場合、営業者は本匿名組合契約を直ちに解除し、かつ出資者に対し、出資金額の6%相当額の違約金を請求することができます。

E. 書面による解除時の諸費用
出資者が本匿名組合契約を締結し契約書を受領した日から10日間を経過するまでの間に、営業者に書面による解除を申し出た場合、本匿名組合契約を解除することができます。その際、出資金の返還に係る振込手数料をご負担いただきます。また、すでにお振込みいただいた申込手数料は返還いたしません。

※振込手数料については、金融機関により相違・変動するものであり、事前に示すことができません。
※郵送料については、郵送会社や書類の重さ等により相違・変動するものであり、事前に示すことができません。

Q&A

Q.匿名組合契約とはなんでしょうか?
A.商法第535条から542条に規定された契約の仕組みで、組合員となる出資者と、事業を行う人(会社)「営業者」とが、事業から生ずる損益を出資比率に応じて分配することを約束する当事者間の契約することです。
出資金は、営業者に帰属することになります。一方組合員(出資者)は、出資義務や損失分担義務などは負いますが、外部の第三者に対しては一切の責任を負わず、出資した金額を超える損失を負う責任はありません(有限責任性の担保)。また、組合員相互間に法律関係も生じず、外部に対しては営業者だけが登場して出資者は表面に出ないため、「匿名組合」という名前がついています。

Q.出資したお金(元本)は全額保証されますか?
A.分配方針に従い、元本は契約期間の間に少しずつ返還させていただく予定ですが、出資元本の返還を保証するものではありません。これは、出資法において「何人も不特定かつ多数のものに対し、後日出資の払戻しとして出資金の全額もしくはこれを越える金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示、又は暗黙のうちに示して出資金の受け入れを行うことをしてはならない」と規定されているためです。

Q.市民出資の解約はできますか?
A.中途解約はできません。しかし、やむを得ない場合であって、営業者が承諾しかつ出資額が一括譲渡される場合、手数料をお支払いただくことにより第三者へ譲渡いただくことは可能です。

Q.相続に関する取扱いはどうなっているのですか?
A.出資者としての地位を承継された法定相続人の方から、相続の事実を営業者に書面にて届け出ていただくことにより、契約上の権利を引き続き行使いただくことができます。なお、その際営業者より必要な資料の提出をお願いする場合があります。

Q.なぜ据え置き期間があるの?
A.市民出資の元利払いを2016年3月31日までの計算期間まで据え置かせて頂き、その期間の収益をもとに下記事業の支援を行ってまいります。
【主な支援事業】
※大正時代の小水力発電所遺構を文化財として再生
※再生可能エネルギーの防災対策利用促進

その他、「よくある質問」ページでもご紹介しております。

ファンドの概要詳細情報対象事業のご紹介
よくある質問 お問合せ サイトマップ TOPページ ファンド一覧 市民風車 会社案内 ウェブサイトにおける個人情報の取扱いについて プライバシーポリシー