TOP >> 市民風車 >> 世界の市民風車
世界の市民風車

市民風車の取組みは、既にスウェーデンやデンマーク、ドイツなどで成果を挙げてきています。
特に世界第5位(2005年末現在)の導入量を誇る風車王国デンマークでは、風車の80%以上が地域住民(個人または協同組合)によって導入された「市民風車」です。日本ではまだまだ特殊事例の市民風車ですが、デンマークでは地域住民が風車事業に財政的に参加できる様々な制度が整備され、市民風車事業がビジネスとして確立しています。そして国民の5%に当たる多くの人々が事業に参加しています。
わたしたちは、こうした諸外国の先進事例に学び、日本で実現可能な市民風車の事業スキームを研究開発しつつ、民主的な自然エネルギーの普及方法をここ日本でも離陸させられるよう活動しています。

参考(外部リンク):飯田哲也氏「エネルギー・デモクラシー」第7回 風車を共有する人々

自然エネルギー100%の島〜デンマーク・サムソ島〜
サムソ島は2008年までに自然エネルギーによる100%のエネルギー供給をめざしている島です。デンマークの中央部に位置しており、人口4400人の小さな島で、地元の人々が中心となって建設された陸上の風車11基によって島内電力がすべてまかなわれています。また、2003年に洋上に建設された風車は、電力を島外に供給しています。

デンマーク サムソー島の風車
デンマーク 洋上風車

市民風車コンテンツ かぜるちゃん&かりんぷう 天風丸 わんず 「はまかぜ」ちゃん 「まぐるん」ちゃん 風こまち・竿太朗 かざみ 世界の市民風車 誕生物語 誕生物語 誕生物語
サイトマップ お問合せ よくある質問 TOPページ ファンド一覧 会社案内 ウェブサイトにおける個人情報の取扱い プライバシーポリシー